満足をする女性

望まない妊娠を避けるためには、男性であればコンドームを使うのが一般的です。
女性側でも何か出来ないだろうかと思う事もあるかもしれませんが、その方法の一つとしてピルを飲む事が挙げられます。
日本でもいろんな種類が認可されて使われているのですが、その中でも一番多く使われているのがトリキュラーです。

このトリキュラーの効果ですが、黄体ホルモンと卵胞ホルモンが配合されているので、排卵を抑制したり子宮内膜を変化させて精子の着床を防ぐなどといった作用があるため、避妊ができるということになります。
三相性ピルと呼ばれるタイプのもので、女性の自然なホルモンバランスの変化に合わせて作られています。
その為、シートを見ていると分かりますが、決められた順番で飲まないと効果が思うように得られません。
ピル全体に言えることですが、それぞれのシートに関して規則正しく飲み続けていく事で効果があります。
21錠と28錠タイプがありますが、これはどちらでもいいでしょう。
21錠分は効果のある実薬で、28錠の残り7錠に関しては休薬期間を間違えないようにする偽薬となります。
使いやすい方を選んで下さい。

トリキュラーも薬の一種なので、基本的には診察を受けてから処方をしてもらうものになります。
ネット通販でトリキュラーを買うこともできますが、初診の場合は病院に行くことをオススメします。
その為、大体診察料別で1シート2~3000円ぐらいになりますので、利用を考えている前には多めに用意しておくといいでしょう。
ピルは飲んだ事がないという人も多くいますので、病院に行ったらしっかりと話を聞いて、どんな風に飲んでいけばいいのか、また薬やサプリメントとの飲み合わせなどについても確認しておきましょう。
避妊をきちんとしたいなら、トリキュラーなどのピルも上手に使っていって下さい。

記事一覧
避妊薬のトリキュラーは子宮頸癌も予防する?

トリキュラーは、避妊に失敗しないようにするためにあらかじめセックスする前に服用しておく女性用の避妊薬、低用量ピルです。 トリキュラーに含まれる黄体ホルモンと卵胞ホルモンが脳下垂体に直接働きかけることによって排卵を起こらなくさせ、受精卵ができても着床させにくくし、また子宮頚管内の分泌液を変化させることによって精子を侵入させにくくさせるので、避妊効果を発揮します。 避妊以外の効果として、生理が重い場合にその症状を軽減させたり、ホルモンバランスの乱れによる肌荒れを改善したり、骨粗鬆症になりにくくなるなどの作用もあります。 子宮の形は洋ナシのような形をしていますが、その上部の膨らんだ部分を子宮体部と言います。 その部分にできる癌のことを子宮体癌といい、閉経した女性や出産経験のない女性などに多い病気ですが、トリキュラーを服用することは子宮体癌の予防に役立ちます。 トリキュラーに含まれるプロゲストーゲンが子宮内膜の増殖を防ぐことによって癌にかかるリスクを抑え、また卵巣癌や卵巣嚢腫などの予防にも良いとされています。 それでは、20~30代の若い女性に最も多いと言われる、子宮のくびれた部分にできる子宮頸癌の予防には役立つのでしょうか。 実は、残念なことに子宮頸癌の予防にはなりません。 それは、子宮頸癌の原因となる理由が、セックスによって感染するヒトパピローマウイルスによるものと考えられており、これはワクチンによってしか予防できないとされいるからです。 セックスをする前の年代で、子宮頸癌ワクチンをすれば高い確率でヒトパピローマウイルスの感染は防ぐことができますが、それでも定期的な検診を受けていく必要があります。 乳癌と同じく、子宮頸癌は女性にかかりやすい癌として挙げられるので、早めに予防して感染しないようにするのが望ましいでしょう。

2019年09月18日
AIDのトリキュラーで頭痛が起きた場合の対処

アイスピード通販のAIDを利用してトリキュラーを入手した場合にはマニュアルなどをしっかりと読んでから服用することが重要で、一般的に低用量ピルと呼ばれているトリキュラーは避妊薬として利用されることが多いのですが、生理が始まってから21日間飲み続けなければならないので、飲み忘れなどの不安がある場合にはトリキュラー28を購入する必要があります。 副作用として考えられているのが胃部不快感や吐き気などですが、これらの症状は服用を続けているとなくなるとされているのであまり心配は要りません。 しかし喫煙をしている女性や40歳以上の女性に関しては血栓症のリスクが高まることが知られているので、当てはまる女性は医師に相談をする必要があります。 また服用をしている時に頭痛がする場合にはトリキュラーとの相性が悪い可能性があるので、他の低用量ピルに変更をする必要があります。 基本的には低用量ピルは同じ効果があるのですが、成分が異なっているので、相性が悪い場合には副作用が出る場合があります。 頭痛が頻繁に起きる場合には貧血が起きている可能性があるので、定期的に血液検査をして、血栓ができやすい状態になっていないことを確認することが重要です。 また血行が悪くなることで頭痛が起きている場合には貧血を解消すると症状が改善するので、鉄剤などの処方を受けて対処をすると痛みを取り除くことができます。 トリキュラーは比較的安全な薬として多くの女性に処方されているのですが、最近ではネット通販でも格安で入手できるようになっています。 緊急避妊などに使用する場合には医師に相談しにくいのでネットで購入することが多くなるのですが、服用方法が特殊なので、医師に相談をして適切に服用する方が安全です。

2019年08月21日
トリキュラーなど低用量ピルはPMDDの有効な治療薬

PMDDと呼ばれる月経前不快気分障害は、アメリカでは特定不能のうつ病性障害とされ、月経の1週間~2週間前から発現するPMSと呼ばれる月経前症候群より、精神的な症状や身体的な症状が深刻な症状を指しています。 PMDDの症状としては、衝動的な攻撃性、集中力の低下、強い抑うつなどの精神症状や腹部膨満感、乳房の張り、関節痛、筋肉痛などの身体症状が現れます。 PMDDやPMSの治療は、トリキュラーなどの低用量ピルや精神薬などの薬物療法が中心ですが、PMDDやPMSの発症原因となる潜在性鉄欠乏性貧血や機能性低血糖症から治療する栄養療法や漢方薬による治療など数種類の治療法があります。 又、症状を悪化させる塩分、脂分、アルコールの過剰摂取や血行改善の為の運動、睡眠等の日々の生活習慣乱れの改善もPMSやPMDDの症状緩和には非常に有効とされています。 トリキュラーは、子宮内膜に着床性増殖を引き起こす物質である黄体ホルモンとステロイドホルモンの一種である卵胞ホルモンを配合した薬剤であり、排卵抑制や子宮内膜の着床性増殖阻害、子宮頚管粘液変化による精子通過阻害などの作用で避妊する三相性低用量経口避妊薬です。 三相性低用量経口避妊薬は、ホルモン量の異なる3種類の薬剤を飲み分ける避妊薬であり、配合されているホルモンの変化量はメーカーや製品ごとに異なっています。 又、三相性低用量経口避妊薬には、トリキュラーの様に月経サイクルの後半に進むほど黄体ホルモン量が増える漸増型と中間増量型の2種類があります。 漸増型は、中間増量型に比べてより自然なホルモンバランスを実現出来、服用中に不正出血が起こり難く、偽薬期間に消退出血が起こり易い特徴があります。

2019年07月27日
トリキュラーの飲み方と生理1週間前の食後

トリキュラーは食後などの決められた時間に服用することが望ましいとされているので、なるべく食事の後などのわかりやすい時間に服用する必要があります。 生理の1日目から服用を初めて21日間服用を継続的にして、生理1週間前に服用が完了します。 生理の初日にトリキュラーを服用するのを忘れた場合にはコンドームを使用して避妊をしなければなりません。 トリキュラーは服用しやすいように錠剤の色が決められているので飲み忘れに気が付きやすくなっています。 また生理1週間前には服用が終わるので、継続して飲み続ける場合は、生理が始まったら赤褐色の錠剤から飲み始めます。 服用する時間に関しては毎日同じ時間が良いとされているので、朝食後と決めた場合には毎日食事をした後に服用するような習慣にしなければなりません。 トリキュラーは飲み忘れると下腹部に不快感を感じたり、不正出血を起こす場合があるので、朝食後には必ず飲むようにしなければなりません。 また生理1週間前がわかりにくい場合にはトリキュラー28を服用すると毎日飲み続けることができるので、服用の日数などを計算する必要がなくなります。 トリキュラーのような低用量ピルはネットでも購入することができますが、相性の悪い薬などがあるので、医療機関で処方を受けたほうが安全です。 また副作用として血栓のリスクが指摘されているので、喫煙をしている女性に関しては服用を中止するか、禁煙をしなければ血栓症のリスクが高まります。 更年期障害などの症状を抑えるためにトリキュラーを服用する場合には一部の抗不安薬との相性が悪いので、医師に相談をして適切な処方を受けることが重要で、市販されているサプリメントを飲んでいる場合も注意が必要な場合があります。

2019年07月12日
ホルモン分泌に影響は?トリキュラーと飲み合わせ

ピルの一種である「トリキュラー」は、低用量かつ副作用の少なさから、日本で人気のある経口避妊薬です。 薬は飲む順番が決められていて、自然なホルモン分泌を促す作用があります。 正しい使用方法を守れば、ホルモン分泌量が調整されて生理痛が緩和します。 また、高い避妊効果を得る事ができます。 トリキュラーを服用するに気をつけたい事は、飲み合わせです。 トリキュラーの中に含まれている成分が、他の成分と合わさって悪影響を及ぼしたり、効果を薄めてしまったりする事があります。 逆に、他の成分の作用をトリキュラーが阻害してしまう事もあります。 不正出血や避妊効果を減少させてしまう可能性がある成分には、「テトラサイクリン系抗生物質」「ペニシリン系抗生物質」「リファンピシン」「バルビツール酸系製剤」などがあります。 トリキュラーの血中濃度を高めてしまう可能性のある成分は、「HIVプロテアーゼ阻害剤」「非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤」「フルコナゾール」などといったものがあります。 副作用が強くなる可能性があるので注意です。 トリキュラーが増強させてしまう薬の成分は、「副腎皮質ホルモン」「セレギリン塩酸塩」「シクロスポリン」などです。 また、サプリメントや食品などに含まれている「セイヨウオトギリソウ」も、ホルモン分泌に影響を与える事があるので避けた方が良いでしょう。 薬には、同じ効果でも違う成分で構成されるものがあります。 服用する薬を変更する事で、飲み合わせが悪い成分を避ける事ができます。 ただし、状況によっては、医師が飲み合わせの悪い成分が含まれている薬を処方する事もあります。 他にも服用している薬がある場合や疑問を感じた場合は、医師としっかり相談しましょう。

2019年06月12日
中絶のされ方を知っておくべき

わが国ではパートナーとの性行為をしている人の避妊方法として、その7割程度がコンドームに頼っているとされており、これは過去の統計調査の結果からも一貫しています。 コンドームによる避妊は、たしかに手軽で費用もあまりかかりませんが、途中でゴムが破れてしまったり、裏返しなどの不適切な使用によって避妊に失敗しやすいという性質もあわせもっていることはたしかです。 万が一避妊に失敗してしまった場合の処置として思いつくのは人工妊娠中絶ですが、これがどのようなものかは、実際に経験した人でなければひごろ想像をすることもないでしょう。 人工妊娠中絶といっても、妊娠して何週目かによって方法に若干の違いはありますが、基本的には子宮内の胎児を器具を使って掻き出したり、または吸引器のようなもので吸引をするというものです。 薬剤を投与して人工的に流産と同じ状態をつくり出すという場合もあります。 こうした人工妊娠中絶は専門の医師がすべて行いますが、母体に相応のダメージがあるというのは当然として、精神的な面でのショックも大きなものと考えられます。 こうした目に遭わないためにも、確実性のある避妊というのは重要なことであり、たとえばコンドームのほかにも、トリキュラーのような経口避妊薬を使うなどの方法が望まれます。 トリキュラーには女性ホルモンの一種である卵胞ホルモンと黄体ホルモンが配合されているもので、産婦人科医などに相談すれば処方をしてもらうことができます。 このトリキュラーを継続して服用すると、女性ホルモンのはたらきによって排卵が抑制されるため、飲み忘れなどが無い限りは、かなりの確実性をもって、妊娠を防止することが可能となります。

2019年05月28日
閉経後のセックスにトリキュラーは必要ない?

避妊のために利用するトリキュラーなどのピルの存在ですが、2~30代の頃であれば必要に応じて避妊をするために利用をした方がいいと言えます。 けれども誰もが疑問に思うこととして、閉経後はどうした方がいいのだろうかとその一点がたまに取り沙汰されます。 閉経というととても簡単なようですが、命を授かって母親のお腹にいる時には女性であれば既にたくさんの卵子があります。 けれどもこれも月経を経て排出されていきますが、最終的にはお腹の中には卵子はなくなります。 この状態を閉経というのです。 そうなると、閉経後にはもうセックスをする時に避妊を考える必要はないだろうと思うかもしれません。 ここは難しいところですが、閉経してしまったと思ってもそれが確定していなければ排卵や月経は起こりうるのです。 それほど数があるわけではありませんが、50歳以上でも自然妊娠したという例はありますから、閉経後は大丈夫だというような根拠のない安心はしない方がいいでしょう。 それこそ、望む望まないと関わらず、妊娠があったら男女両方で驚かされることとなります。 その為、やはり確実な避妊をしておきたいのであればトリキュラーはやはり有効と言えます。 それに、この年代は更年期障害なども出始めたりしますので、避妊以外の有効な効果を期待してホルモンバランスを整えるためにトリキュラーの服用をしておいてもいいでしょう。 加齢によって女性ホルモンの分泌も低下していきますから、それを補う手段として活用をするのです。 もし服用を続けていいのかどうか迷うのであれば、医師に相談してから今後続けていくのか、それともやはり服用を中止するのか、どうしたらいいのかをじっくりと検討してみて下さい。

2019年05月13日